左累計右
左今日右
左昨日右

ネリネ
ステラ

しょくぶつずかん - Flower Knight Girl Fan Site -

魔 シュウメイギク SHUME GIKU
開花 昇華

No  0404 
シュウメイギク
レアリティ ★★★★★★ 虹
所属国家 ベルガモットバレー
好きな物 宝石
品種 キンポウゲ科
花言葉 薄れゆく愛 / 褪せていく愛
Lv 1 60 進化 70 開花 80 咲 Max
最終総合力 27,670 40,046
HP 2,100 6,500 12,900 15,000 21,000
+1,680 +3,360 +5,736
3,780 8,180 16,260 18,360 26,736
攻撃力 1,200 2,700 5,000 5,300 7,300
+600 +1,200 +2,040
1,800 3,300 6,200 6,500 9,340
防御力 500 850 1,450 1,850 2,650
+480 +960 +1,320
980 1,330 2,410 2,810 3,970
移動力 500
専用装備 シュウメイギク 忍耐と薄れゆく愛の耳飾り 攻撃 +252 / 防御 +48 ▶ 攻撃 +xxx / 防御 +xx
  攻撃 +xxx / 防御 +xx ▶ 攻撃 +xxx / 防御 +xx
 
戦闘スキル 明冥力「秋炎ノ螺旋龍」 ① 27% / ② 29% / ③ 32% / ④ 34% / ⑤ 37%
https://gyazo.com/607661173c88daabc68a8045af4f487b
UNIQUE 全体2.8倍のダメージを与える
アビリティ 初期修得 1ターン目のパーティメンバーの与えるダメージが25%上昇
進化解放 1ターン目のパーティメンバーの戦闘スキル発動率が1.65倍になる
ダメージ・被弾 1ターン目のパーティメンバーの与えるダメージが25%上昇
スキル・1ターン 1ターン目のパーティメンバーの戦闘スキル発動率が1.65倍になる
攻撃力 パーティメンバーの攻撃力が22%上昇
攻撃力・ボス ボス敵との戦闘中、パーティメンバーの攻撃力が22%上昇

自己紹介

シュウメイギク No.0404

「薄れゆく愛」「褪せていく愛」……我ながら恐ろしい花言葉よな。
だが、それがこのシュウメイギクの業でもある。
かつて目にしたそれらを……薄れ、褪せ果てた愛の末路が忘れられぬ。
女の性は恐ろしい……わらわは女王、それに狂うわけにはいかぬのだ。

セリフサンプル

  • 輿は無し、か。
  • ふふ……。身の程を知る時ぞ。
  • どうしやったそなたの顔は? 疲れの色が見える。なんと不甲斐ない。務めをひとりで背負ってなんとする。ほれ、貸すがよい。一国の女王がここにあるのだ。その実績と経験、使わぬ手はなかろう? そなたは休め。たっぷりと眠り、次に会う時は、元気な顔を見せてたも?
  • 女王たるこの身がおらずとも、ベルガモットバレーは廻り続けよう。長年に渡って、我ら王家と民たちが、そのように諸々を培ってきた。無論、なにかあれば報せる手はずは整えておる。そなたは心配せずとも良い。

対人関係

ガジュマル ガジュマル
忠実なる家臣。忍。

コリウス コリウス
忠実なる家臣。侍女。顔立ちどころか性格もシュウメイギクの幼馴染みに似ているという。

メモ

Festival Entry Result Point
才華祭 ノーブル・グレイス 347 12 19,441,556
  • ベルガモットバレーの女王。「小さな宮殿」と呼ばれる自室に籠もり、普段は滅多に姿を現さない。
  • 遠見の鏡で各地の様子を窺い知ることができる。しかし、過剰な手出しはしない。
  • 王家は古来より高い能力を持つ人材を育てるため、自主性の高い国風を築き上げてきた。
  • 「恋や愛とは夢幻のようなもの」「身を滅ぼし、気を狂わせ、鬼へと果てさせるもの」と説く。
  • 親しかった貴族の少女が許嫁に裏切られ「鬼」と化してしまったためである。
  • 怒りのままに「鬼」が襲った許嫁一家のひとり娘を引き取り、育てた。それがコリウス。
  • 自ら年増と断じる、結構なご長寿さん。

更新履歴

2018.09.02 更新
2018.01.23 公開